Youtuber(ユーチューバー)は職種ではなく投資なんです

Youtuber(ユーチューバー)は職種ではなく投資なんです

子供に将来の夢を聞くと「Youtuber(ユーチューバー)」と答える子供が増えてきたそうです。
中には、不登校小学生ユーチューバーという存在もいるそうですね。
今回は、Youtuberは将来目指すべき職種ではなく、投資なんですよというお話です。

YouTuber(ユーチューバー)に対する誤解

YouTuber(ユーチューバー)とは、YouTube上にて自作の動画を投稿し、広告収入を得ている一定の集団を指す呼称である。

動画を作ってもお金が貰える訳ではない

当然、動画がなければ収入は得られません。
でも、動画を作ればお金が貰える訳でもありません。

動画を作っても全く見て貰えていない動画をYoutubeでは沢山あります。

YouTuber(ユーチューバー)に必要な能力

一流のYouTuber(ユーチューバー)は、想像以上に高いスキルが必要です。

  • ユーザの好みを見つけるマーケティング力
  • わかりやすい(おもしろい)動画を作る技術力
  • 拡散するプロモーション能力

そもそも動画は商品ではない

YouTuber(ユーチューバー)にとって、作成した動画は商品では無いということです。作ってもお金にはならない訳ですから。
依頼を受けて、動画を作成→納品して、報酬を頂くという訳では無いのです。

じゃあ何?

YouTuber(ユーチューバー)にとって動画は何なのか。
その答えは、『資産』だと考えると良いと思います。

将来、お金を産み出してくれるかも知れない重要な資産なんです。
その動画を作成することは、未来への投資なんです。

テレビ(局)との違い

テレビ局もテレビ番組を作成し、広告を流して収益をあげています。
しかし、テレビ番組は作成した時点で大口のスポンサーはついており、番組を作成した時点である程度の収益が見込めます。
そういう意味ではユーチューバーの方が厳しいように感じますが、Youtubeにあげる動画は短時間でよく、敷居は低いのです。

子供がYouTuberを目指すことについて

冒頭でも触れましたが、子供のなりたい職業に「Youtuber」が上がるようになりました。
これには、半分賛成で半分反対です。
子供の時から、コンテンツ作成や、マーケティング分析、プロモーションを実践することは子供の能力を高めると思います。
これらの能力は、社会に出てYouTuber以外を目指す場合でも、強力な力になります。

また、上に書いた通り、YouTuberは投資であり、作成したコンテンツは『資産』なので、子供の時から動くということは、人よりも早く資産を積み重ねることが出来ると言えます。

しかし、それは、学校を休んでまですることでは無いと思います。
学校に行き、宿題をして習い事の一つの代わりに、YouTuberをやってみるくらいがちょうどいいのではないかと思います。

それに、学校で得られる経験もコンテンツ作りの大きなトリガーになると思います。

結局はバランスがとても大事ということです。
お子さんがいる方は、頭ごなしに「No」というのではなく、真摯に向き合うことも大事ですよ。

思考力メモカテゴリの最新記事